北岳 kitadake
国内第二位の高峰というだけでなく、
山容の品格を問うときの模範解答になるような名峰。
南から望むと、均整のとれたピラミダルな山容が、
東からは北岳の顔である【バットレス】が、
そして北からは深田久弥が絶品と評した
【哲人的山容】と見るものに衝撃を与える。
西の仙丈岳方面からのみ、やや精彩を欠き
大人しめに見えるのは、その向こうに鎮座する
富士山に対する北岳の謙虚さからか。
地図を見ると北岳は、仙丈・甲斐駒・鳳凰・間ノ岳といった
高峰に囲まれているが、
それはまさに甲斐駒を先頭に、北岳を守る
布陣のようにもみれる。


 
北岳・山容の特徴


甲斐駒から
北から望むと深田久弥が絶品と評した『哲人的山容』がみてとれる。


間ノ岳から
南から望む北岳は、甲斐駒を凌ぐほどの鋭鋒である。



close